賃貸の物件探しで、賃料とその他に、「管理費」や「共益費」と記載がある物件があります。

では、その管理費や共益費はそもそもなんなのか?一体なにに使われているのか・・・?

今回はそんな疑問について解説していきたいと思います。

 

管理費・共益費とは?その使い道は?

管理費と共益費は、最近では同義の意味で使われていることがほとんどです。そしてその使い道については、実は法的に明確な取り決めがあるわけではありません。簡単に一言でいえば、共用部の維持管理にかかる費用に充てられています。

例えば、エントランスや共用廊下の電気代や電球交換費用エレベーターの保守点検や、建物の定期清掃費用などに使われます。

 

管理費・共益費がないところはどうなってるの?

管理費・共益費の記載がない物件がありますが、そもそも、管理費・共益費を別に表記しなければならないという決まりはなく、記載のない物件は、管理費・共益費が家賃の一部に含まれての家賃価格と考えてもらってよいでしょう。

では、管理費・共益費を別表記している物件と一緒にしている物件では何か違いがあるのでしょうか?実は敷金、礼金、仲介手数料や更新料といったお金を支払うときに違いが出てきます。

例えば、「家賃10万円+管理費5,000円」の物件と「管理費込みの10万5,000円」の物件では、月々支払うお金は同じですが、上記の敷金などを支払う際には、「家賃1ヶ月分」など、家賃を基準として料金が設定されているので、別表記の物件の方が初期費用などは少し安くなる可能性があります。

 

管理費・共益費はどうやって決めるの?

これは、物件によって共用部分の規模や内容が異なるため、それぞれの物件でかかる管理維持コストを各戸で負担する形で設定されます。

維持にかかる費用をそれぞれの住戸の面積に応じて各戸で分担するため、同じマンションやアパートの場合でも、部屋によって異なることがあります。もちろん、一律の場合もありますが、床面積が広くなるにつれ変動していくのが一般的です。

 

管理費・共益費は高い方が管理がしっかりしてるの?

このように、管理費・共益費は建物の管理運営のために使われるというお話をしてきましたが、管理費が高いからと言って必ずしもしっかりと管理されているとは限りません。使い方は物件によってさまざまで、何に使われているのかよくわからないということもあります。

費用に見合った管理がされているかどうかについては、内見の際に自分の目でしっかりと確認することが重要です。

 

家賃と管理費・共益費は合わせた額で検討する

管理費・共益費は、明確な基準などがないので、大家さんのさじ加減で変動することもしばしば。

その為、物件を検討する際には管理費・共益費の高さではなく、家賃と合わせた額で自分の予算と合っている物件かどうかを判断することが重要になってきます。

物件検索のポータルサイトでも、賃料設定の際に「管理費・共益費込み」のチェック欄があるので、それを使って検索すれば物件の絞り込みも楽になります。

 

まとめ

いかがでしたか?下記のポイントを押さえて、あなたにぴったりの良い物件を見つけてください。

●管理費・共益費は物件の管理維持のために使われている

●管理費・共益費の記載がない物件でも家賃にその費用が含まれている

●物件検索は、家賃と管理費・共益費込みにして探し、検討する