あなたはどのタイプ?部屋の向きそれぞれのメリット!

お部屋探しの時、あなたならどの向きが良いと考えますか?
やはり南向きを選ぶでしょうか。弊社でも経験的に南向きが一番人気があると感じます。
確かに、部屋が明るいイメージがあり実際に日当たりは良いのですが、必ずしもすべての人に南向きがベストだとは限らないようです。

そこで今回は、あなたの生活のスタイルによってどの向きが合っているか知るために、それぞれのメリットを見ていきましょう。

 

南向きは昼間明るく日当たりが良い

言わずもがな、南向きは実際に日当たりが良いため、普段から日中お部屋にいる方はおすすめです。
昼間は電気をつけなくて過ごせますし、洗濯物の乾きが良いのも嬉しいところ。
ただ、前面に建物が被っていたりするとせっかくの南向きでもあまり恩恵は少ないかもしれません。
南向きというだけで判断せずに、実際に内見してみて確認してみるのが良いでしょう。

 

東向きは朝が気持ち良い

朝、一番日が入るのは何といっても東向きです。朝型の人や、逆に朝が弱いといった方は、太陽の光が入ってきて自然に目覚めることができるでしょう。
基本的に朝が早い生活リズムの方には東向きのお部屋はおすすめです。

 

西向きは午後明るく温かい

午後明るく温かいのは西向きです。冬でも日が入ればかなり温かく感じます。
起床が遅く朝ゆっくりタイプの方は、午後の時間が明るく過ごせる西向きもおすすめです。

 

北向きは柔らかい光で家具に優しい

北向きのお部屋は他の向きに比べれば日当たりは良くないですが、日が出ている間は柔らかい光が入ってきます。
また、直接的に日が入らないため、大切な家具や壁紙などが日焼けしにくいのもメリットの一つです。また、他の向きと比べると一般的に賃料も少し低くなるようです。
日中は家にいないことが多いという方は、北向きのお部屋も良いかもしれません。例えば、お仕事上、夜勤等がある方も日中に睡眠をとる必要があるのでおすすめです。

向きによる賃料の違いはある?

どんなお部屋でも、人気があり需要が高ければ当然賃料は高くなります。
そのため、南向きや角部屋はその他の部屋に比べると賃料は高めに設定されていることが多いようです。
それでは賃料の違いはどれくらいあるのでしょうか?

同じ建物で部屋の大きさがあまり変わりがない場合、向きによる賃料の違いは広さやグレードでも異なりますが、

シングルタイプで数千円~5千円前後ファミリータイプで5千円~2万前後の場合が比較的多いと考えられます

階数による賃料の違いとだいたい同じくらいといったところでしょう。

 

まとめ

あなたに合うお部屋の向きは見つかったでしょうか?
南向きは日当たり良し、東向きは朝日、西向きは午後温かい、北向きは少し賃料が安い、といった感じでそれぞれ違ったメリットがあります。
人によって重要視するところは様々です。今回の記事を参考に、あなたが納得して気持ちよく過ごせるお部屋を見つけてくださいね。