賃貸でも売買でも、気になった物件があれば内見に行きますよね。見ているときには、「こんな部屋かぁ~、へぇ~」と何となく見渡して、良いか悪いか印象を判断をするくらいで満足して帰ってしまうことも多いのでは。

でも後になって、あの部屋ってコンセントどこにあったっけ?水回りどんなだったっけ?と気になって思い返そうとしても、意外と記憶があいまいでよく思い出せない事があります。他にもいくつか物件を見ていた場合などは余計にそうなりがちです。

そこで今回は、内見する際に持っていくと良い持ち物や、見ておくと良いポイントをご紹介していきます。

内見にはスマホ(カメラ)とメジャーが必須!

内見の際に、まず必要な持ち物としては何と言ってもスマホとメジャーです。最近はスマホはかなりの方が持っていることが多いですが、スマホがなければデジタルカメラなど写真が撮れるものを持っていきましょう。

この二つがあれば、内見後にいろいろと検討する際にかなり役立つはず!忘れずに持っていきたいアイテムです。

 

スマホで隅々まで写真を撮る

部屋の全体的な雰囲気が分かる写真を撮るのも大切ですが、こんなとこ必要か?と思うようなところの写真を撮っておくと、後々役に立つことになります。

例えば、キッチンの収納トイレ洗濯機置き場などです。これらはなぜ撮っておくと役に立つかというというのを説明します。

キッチンの収納

キッチン収納などは調理器具などを買う際に、奥行きや大きさなどが分かったり、仕切りや収納ケースをどんなものを買い足すかなど検討できるようになります。

トイレの形

トイレは、例えばトイレカバーを買うときになどにはO型かU型か、形によって買うカバーの種類が変わってきたりするのでチェックすべきポイントです。

また、上に収納棚があるかどうかなど、細かいところは意外と覚えていないもの。そこは写真を撮っておけばあとでバッチリ確認ができます。

洗濯機置き場の排水・水道の位置

洗濯機置き場は種類によって、防水パンの排水の位置や、水道の位置や形などが違うので、購入の際や今持っているものを持っていきたい場合はよく確認が必要になります。

ほかにも気づいたところ

シューズボックスお風呂洗面所など目に付くところはとりあえず写真を撮っておけば損はないはずです。

 

メジャーで必要箇所のサイズを測る

内見して気に入った部屋は後に検討する可能性も高いので、そういった場合は、必要箇所だけはメジャーでサイズを測っておきましょう。

カーテンの長さ

入居後すぐに必要になってくるのがカーテンです。そのため、検討する余地のある部屋であればカーテンのサイズは測っておくとベストです。カーテンレールなどは種類も様々なので、写真を撮っておくと良いでしょう。

冷蔵庫・洗濯機置き場のサイズ

今使っているものを持っていきたい場合は、サイズの確認が必須です。持ってきてから入らなかった、では悲しい結果になりかねません。しっかりチェックしましょう。

家具・家電置場のサイズ

家具や家電なども、イメージしている配置で物が置けるかどうか、サイズを測っておけば後で検討できます。

扉のサイズ

玄関や部屋の扉の幅などは意外と見落としがち。幅によっては、持っていきたい家具などが搬入できない可能性もあります。

 

その他、こんなところもチェック!

スマホとメジャーで写真と必要な箇所のサイズを確認し、余裕があれば次のような項目もチェックできるとさらに良いでしょう。

床の歪みがないか

築年数の経っている物件などは床が歪んでいる可能性も。気づかない程度ならさほど気にしなくても良いですが、あまり歪みのある部屋で生活をしていると健康被害なども考えられます。

ビー玉などを使って、気になるところに歪みがないかどうか確認してみましょう。また、スマホのアプリでセンサーやカメラを使った床の角度や勾配を測定できるものもあるので、それを利用するのも良いでしょう。

水圧のチェック

キッチンやお風呂など、水の出方もチェックしておくと良いポイントです。不動産会社の担当者に一言声をかけてから、実際に水を出してみて確認をしてみましょう。

カビや臭いなどがしないか

水回りなどは特にカビや臭いが発生しやすいところ。カビがないか、臭いがしないか、換気扇があればきちんと動くかどうか確認してみましょう。

また、収納なども扉を開けてみて湿気がたまっていないかなどを見てみると良いです。

 

まとめ

内見時にはとりあえず、スマホとメジャーは持っていきましょう!

スムーズに引越しや入居ができるように、内見時から準備をしておけばきっと役に立つでしょう。内見の際にチェックすべきポイントが分かっていれば、良し悪しの判断もしやすくなるはずです。

素敵なお部屋に巡り合えるといいですね。